侮ってはいけない凶暴性|スズメバチの脅威を痛感

住宅に侵入する害獣

頭をかかえる女性

日本には多くのネズミが生息しています。中でも人間の住宅に侵入して、食べ物を漁ったり家具を傷つけたりする種類も存在しています。ドブネズミやクマネズミ、ハツカネズミの3種類のネズミは特に注意が必要です。もし、住宅に浸入されたら、食べ物を漁るだけでなく、電話の配線をかじりショートさせたり、部屋のアチコチで糞や尿をするので感染症になったりと、様々な被害をもたらします。

ネズミが大事な住宅に侵入した場合は、ねずみ駆除業者に依頼することが最適です。とても小さい体で機敏に動くため、なかなか捕まえることができません。そして、小さい穴でも侵入することができますし、住宅の天井裏や屋根裏を住処にしている場合が多いでしょう。ですから、深夜に天井から足音が聞こえる場合は、ネズミが浸入している可能性があります。

ねずみ駆除業者に連絡をすると、まずは被害状況を確認します。侵入経路や巣を特定して、どのような被害があるのか把握するためです。食べ物のカスが天井裏に散らかって、アチコチに糞や尿がある場合は既に住処にしている証拠になります。ですからねずみ駆除を行ない、侵入経路を塞がなくてはいけません。さらに天井裏の糞や尿などを綺麗に掃除する必要があるでしょう。

ねずみ駆除業者は専門的な知識とノウハウを持っています。駆除をする場合も粘着質のネズミ捕りを使用します。さらに金網を使用してネズミ返しを設置することで被害の拡大を防いでくれるはずです。住宅からネズミを追い出してくれるので、安心して生活することができます。