侮ってはいけない凶暴性|スズメバチの脅威を痛感

天井裏に侵入する動物

作業員

家族が安心して生活をするためには、住宅に害獣を浸入させないことが大事になります。もしも浸入されてしまうと多くの被害をもたらすでしょう。しっかりと害獣駆除をしなくてはいけません。住宅に侵入して、天井裏や屋根裏に巣を作り、住み着いてしまう害獣を紹介します。ハクビシンは夜行性で、住宅の断熱材をかじって巣を作ります。ですから住宅の耐久性も低下してしまいますし、同じ箇所に糞や尿をするので、悪臭がただようでしょう。

また、最近害獣駆除で多くなっているのがアライグマです。アライグマはもともと人間のペットとして買われていた動物です。ですが人間のもとを脱走したり、飼うことができなくなったので逃がしてしまったりすることで野生化して繁殖をしています。そのために、人間の住宅に侵入するアライグマが増えてきています。アライグマは畑の作物も食べ散らかしてしまうでしょう。さらに天井裏に侵入して、家屋を汚す被害が多く出ています。

そして、害獣駆除で多いのがねずみです。とても繁殖力が強く、あっという間に増えていくでしょう。家具や配線など色んな物をかじるので、電線を食いちぎり漏電したり、大事な家具をダメにしたりすることもあります。そして、ネズミも夜行性のための、人間が寝静まった時間に活発に行動をします。天井裏や屋根裏で走り回っている足音が聞こえたら、ネズミかもしれません。騒音もネズミの被害の特徴です。素人が捕獲や退治することは難しいので害獣駆除業者に依頼しましょう。